【無料公開中】仕事で悩む日々は終わりにしよう

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違い!おすすめはどっち?

ダメリーマン
Kindleの読み放題に興味があるんだよな~。
でも、Kindleには、読み放題のサービスが2つもあるよね?
結局、どっちがどう違うかよく分からないんだけど、そんな変わらないかな?
KIN太郎
チッチッチ、甘いな。
KindleにはKindle UnlimitedとPrime Readingの2種類の読み放題サービスがあるが、違いは大きい。
どんな点が違うのかを比較して、お得なのがどっちなのかも教えよう。

というわけで、2つの読み放題サービスを比べていくぞ。

 

どっちなおすすめなのか、結論から言うと、おすすめはKindle Unlimitedだ。

Prime Readingでは、読み放題の本質的な価値が薄まってしまう。

読み放題の本質的な価値と合わせて、紹介していこう。

 

Kindle Unlimited:Amazonが一番最初に開始した読み放題サービス

まずはKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)について、ざっくり紹介していくぞ。

Kindle Unlimitedとは?
・Amazonが2016年8月に開始した読み放題サービス
・月額980円で10万冊以上が読み放題
・対象は、ビジネス書・小説・マンガ・雑誌など幅広いラインナップ

発表された直後は、世間を大いに賑わせたことは記憶に新しい。

本当に革命的なサービスだといえる。

 

Prime Reading:Amazonが提供する最新の読み放題サービス

一方でprime reading(プライムリーディング)の紹介もしていこう。

Prime Readingとは?
・Amazonが2017年秋に発表したプライム会員限定の読み放題サービス
・プライム会員であれば無料で、約1000冊が読み放題
・対象は、ビジネス書・小説・マンガ・雑誌など幅広いラインナップ

プライム会員になると、もともと音楽が聴き放題で、映画・ドラマが見放題だった。

そこに、ついに本まで読み放題になったのだ。

プライム会員にならない理由がもはやないほどのサービスだ。

 

キンドルアンリミテッドとプライムリーディングを比較!違いは「料金」と「対象冊数」

この2つのサービスを比較することで、違いを明らかにしていこう。

結論から言うと、違いは2つしかない。

「料金」と「対象冊数」だ。

項目 Kindle Unlimited Prime Reading 
料金 月額980円 0円
(プライム会員費:月400円or年間3900円は必要)
対象冊数 10万冊以上 約1000冊
対象コンテンツ ビジネス書・小説・雑誌・マンガなど ビジネス書・小説・雑誌・マンガなど
ダウンロード上限 一度に10冊まで 一度に10冊まで
対応端末 スマホ・タブレット・PC・Kindle端末 スマホ・タブレット・PC・Kindle端末

 

Kindle Unlimitedは月額980円かかる分、対象冊数が10万冊とものすごい多い。

一方でPrime Readingはプライム会員なら無料で利用できる分、対象冊数は1000冊のみと少ない。

 

ちなみに、Prime Readingで対象になっている本はすべてUnlimitedでも対象になっている。

つまり、両方入ったからといって読める本の数が増えるわけではないことを理解しておこう。

 

おすすめなのはKindle Unlimited。読書習慣が身につくから

では、どちらがおすすめなのかというと、結論はKindle Unlimitedになる。

なぜなら、読み放題というサービスの本質的な価値を満たしてくれるのは、Kindle Unlimitedだからだ。

読み放題というサービスの本質的な価値を考えたときに、最も大事なのはこの1点に尽きる。

ずばり、読みたいと思える本がたくさんあるかどうかだ。

なぜなら、読み放題サービスの本質的な価値は「読書習慣が身につくこと」だから。

 

そして、そのためには、以下のような流れをつくることが重要だ。

読み放題サービスの価値を最大化する流れ
①興味のある本がある

②料金を気にせず読んでみる

③興味が広がり、また新しい本を読む

(①~③を繰り返す)

④読書習慣ができる

 

ポイントは①と③だ。ここで大事なのは、読み放題で読める本の量が多いことだ。

読み放題で読める本の冊数が多ければ、必然と興味のある本と出会う確率は上がる。(①)

さらに興味が広がった時に読む新しい本にも出会える確率も上がる。(③)

 

逆説的に言えば、読み放題で読める本の量が多くないと、この仕組みは成り立たない。

要は、対象冊数が1000冊しかないPrime Readingではこの仕組みを回すことはなかなか難しい。

一方で、10万冊が読めるKindle Unlimitedなら、この仕組みは簡単に回せる。

 

よっておすすめは、Kindle Unlimitedになるのだ。

読書習慣がどれだけ価値がある事なのか、いまいちピンと来ていない人はこちらの記事を読んでみてほしい。

 

読み放題を試すには、プライム会員になってPrime Readingを使うのもおすすめ

とはいえ、読み放題というサービスは使ってみないとその価値は分からないだろう。

なのに月額980円も払うのは少しハードルが高いと感じるかもしれない。

もちろん、Kindle Unlimitedにも30日間の無料体験はあるが、それでもためらってしまう気持ちもよく分かる。

 

それであれば、まずは月額325円相当でなれるプライム会員になって、Prime Readingを使ってみるのもおすすめだ。

プライム会員になるメリットは、prime reading以外にも数え切れないくらいある。

プライム会員のメリット
・約1000冊の本が読み放題(Prime Reading)
・Kindle端末を持っていれば、月1冊無料で本が読める
・海外ドラマや映画が見放題
・音楽も聴き放題
・お急ぎ便や当日指定便が使い放題

これら以外にも、Kindle端末が安くなるキャンペーンに参加できるのも、非常に大きなメリットだ。

 

プライム会員になるメリットは他にも数え切れないくらいあるので、まずは特典だけでも見てみてほしい。

今なら30日間の無料体験もできるのでおすすめだ。

 

〜もう仕事ができなくて悩む日々は終わりにしよう〜