【無料公開中】仕事で悩む日々は終わりにしよう

Kindleに保護フィルム・事故保証・カバーは不要!必要ない理由

ダメリーマン
Kindle本体で一番おすすめなKindle Paperwhiteマンガモデルを買うことにしたよ!
でも、スマホやタブレットみたいに保護フィルムやカバーって必要だよね?
万が一、壊れた時のために事故保証にも入ったほうがいいよね?
KIN太郎
チッチッチ、甘いな。
Kindleには、保護フィルムもカバーも事故保証もつけなくていいぞ。
余分な出費を無駄に増やさなくていいんだ。その理由を説明しよう。

というわけで、Kindle端末本体に必要なように思いがちな、保護フィルム・カバー・事故保証などのアクセサリが不要であることを説明しよう。

 

Kindle端末本体につけるアクセサリには様々な種類がある

スマホやタブレットに、カバーや保護フィルムなどのアクセサリがあるように、Kindleにもあるのだ。

どんなアクセサリがあるかまずは紹介していこう。

 

①カバー

ガジェットといえば、定番のカバーも用意されている。

 

②画面の保護フィルム

 

これまた定番ともいえる、画面に傷がつかないようにする保護フィルム。

③充電器

コンセントで充電したい人のための充電器。

 

④事故保証

万が一、壊れた際に、交換してもらえる保証プランまである。

 

⑤お買い得セット

 

事故保証を除いて、フィルム・カバー・充電器がセットになったものまで販売されている。

さすが、Amazon。商売上手だ。

 

⑥スリーブケース

こんなケースまであるのだ。

 

⑦スキンシール

Amazonの純正な製品ではないが、Kindleのボディに貼り付けて、デザインをカスタムするものもある。

 

⑧ハンドストラップ

こちらもAmazonの純正製品ではないが、片手で持てるようにしてくれるハンドストラップもある。

 

他にも、アクセサリストアなどにはいろんなものが売られているので、ぜひ見てみてほしい。

 ▶Amazon:アクセサリストア

でも、結論としては、Kindleのアクセサリはすべて買う必要がない

こんな風に、いろんなアクセサリが販売されている。
そして、Kindle端末を購入する画面では、こんな風にアクセサリが表示されるようになっている。

だから、君はこう思うだろう。

「あれ、アクセサリも買わないといけないのかな」

 

でも、実はこのアクセサリ類はすべて買う必要がないことを断言しよう。

本当に必要なのはキンドル端末本体だけだ。

あとは、保護フィルムもカバーも充電器も事故保証もすべて買わないといけないものではない。

 

その理由を説明しよう。

 

アクセサリ不要な理由①Kindle端末は傷もつきにくいし、壊れにくいから

まず第一の理由として挙げたいのは、Kindle端末には傷もつきにくいし、壊れにくいからだ。

Kindleの画面を見てほしい。

黒い外枠とディスプレイには少し段差があるのが分かるだろうか。

要は、画面を下にして机などに置いても、Kindleの画面は机に触れないようになっているのだ。

ということは、必然的に傷もつきにくい。

 

スマホやタブレットの場合は、Kindleとは違って、画面を下にすると、直接画面が接触するようになっている。

だから、画面が割れないようにする必要がある。

そのために、カバーや保護フィルムがあるのだ。

 

でも、Kindleの場合は、そもそも画面が触れないように設計されているので、買う必要がないのが分かるだろう。

 

また、俺はもう5年Kindle端末を使っているが、一度も壊れたことはない。

よく物を壊す俺でさえ、全く壊れた経験がないのだから、君なら大丈夫だ。

高いところから落としたり、水をこぼすなどは別だが、よほど、乱暴な扱い方をしない限り、壊れることは考えにくい。

 

 

アクセサリ不要な理由②アクセサリを買うお金で新品の端末が買えるから

もう1つの理由は、アクセサリを買うお金があれば、新品の端末が買えるからだ。

先程、紹介した保護フィルム・カバー・充電器・事故保証のアクセサリをつける場合の合計金額を見てみよう。

アクセサリ費用の合計
・保護フィルム   :1,350円
・Amazon純正カバー:5,980円
・充電アダプタ   :1,980円
・事故延長保証(3年):2,380円
・合計       :11,690円

Kindle Paperwhite(通常版)は13,280円、マンガモデルは15,280円だ。

もうほとんど値段が変わらないことに気づいただろうか。

 

さらにKindle Paperwhiteやマンガモデルは、セール時には数千円も割引されることが多々ある。

こうなると、壊れたら新品を買った方が安いのだ。

 

強いてアクセサリを買うなら「カバー」か「ハンドストラップ」がおすすめ

というわけで、キンドル端末を買ったからといって、アクセサリまで買う必要はない。

ただ、せっかく買ったキンドル端末だ。

「大事に扱いたい」という気持ちもあることは分かる。

 

なので、強いてアクセサリを買うとしたら、どれを選ぶかという視点でおすすめを紹介しよう。

結論から言うと、「カバー」か「ハンドストラップ」がおすすめだ。

 

①カバー:鞄の中で傷がつかないようにする&落とした時のショックをやわらげる

1つ目のおすすめは、カバーだ。

 

キンドルを鞄の中に入れて持ち運ぶときに、さすがむき出しのままでは傷がつきやすい。

さらに万が一落としてしまった時にも、ダイレクトにショックを受けてしまう。

でも、カバーがあれば保護してくれるので傷もつかないし、落としてしまった時も安心だ。

 

ちなみに物を良く壊す俺はカバーを買って使っている。

カバーがないと困るとまでは思わないが、やはりあると安心するのは事実だ。

 

値段もデザインも色も、様々な種類がある。

自分の好みのカバーを選ぶのも楽しいので、見てみるといいぞ。

 

 

②ハンドストラップ:落下防止&片手での読書が楽しめるようになる

もう1つはハンドストラップだ。

Kindleはいくら壊れにくいからといって、落下した時は怖い。

落下を防ぐハンドストラップをつければ、そもそも落下する可能性は低くなる。

 

またハンドストラップがあれば、片手で読書も楽しめるようになるのもいい点だ。

もちろん片手だからといって落としてしまうことも減るだろう。

こちらも様々なタイプがあるので見てみるといい。自分のKindle端末に合ったものを選ぶのを忘れないように!

 

 

まとめ:Kindleにアクセサリは不要!強いて買うならカバーかハンドストラップ

というわけで、Kindle端末を買ったからといって、アクセサリまで買う必要はない。

理由としては、第一に、まずそもそもKindleはスマホやタブレットと比べて壊れにくいから。

第二に、アクセサリを揃えるお金があれば、壊れた際に新品の端末を買えるから。

 

それでも、やっぱりアクセサリがないと壊れるか心配だというなら、おすすめは2つ。

カバーを買うか、ハンドストラップを買うかだ。

 

 

どちらも、キンドルを大切に保護して、壊れにくくしてくれるだろう。

 

もし気に入ったものがあれば買ってみてもいいだろう。

 

〜もう仕事ができなくて悩む日々は終わりにしよう〜