【無料公開中】仕事で悩む日々は終わりにしよう

Kindleオーナーライブラリーの使い方!対象のおすすめ本はこれ

ダメリーマン
Kindle端末を買うと、毎月1冊無料で本が読めるって聞いたけど本当?
そんなわけないよね?
KIN太郎
チッチッチ、甘いな。
Kindleオーナーライブラリーなら毎月1冊無料で本が読めるのは本当だ。
ただ少し使いづらいので、検索で対象本を表示して、読めるようにする使い方を教えよう。

というわけで、キンドルオーナーライブラリーの使い方を説明していくぞ。

ただ実は、Kindleオーナーライブラリーよりも圧倒的におすすめな読み放題サービスもあるんだ。

最後にそれについて紹介していくので、最後まで読んでみてくれ。

 

Kindleオーナーライブラリーとは、毎月1冊キンドル本が無料で読めるサービス

まずキンドルオーナーライブラリーとはなんぞやという話だ。

Amazonのホームページから引用しよう。

Amazonプライムにご加入で、Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちのお客様は、ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中からお好きな本を、一か月に1冊 無料でお読みいただけます。

Amazon-Kindleオーナーライブラリー

 

2万冊以上の中から1冊無料で読めるのはありがたい。

 

キンドルオーナーライブラリーの対象タイトルは2万冊以上!でも調べられない…

でもいくら対象本が多くても、読みたい方がなかったら意味がないよな。

そこで、2万冊以上ある、キンドルオーナーライブラリーの対象タイトルとおすすめ本を紹介していこう。

対象タイトルを一覧で見るなら以下のリンクをクリックするといいぞ。

ただ、「一部」と書いてあるように、なぜか2万冊以上ある対象本の中の一部しか表示されない。。

 

なぜなんだAmazon!!!

ということで、問い合わせをしてみたが、やはり上記の「一部」のリンクしか調べる方法はないとのことだった。

謎過ぎるが、俺の見解では、Kindleオーナーライブラリーは近いうちに終了されると思われる。

その理由は、また最後に紹介しよう。

 

 

Kindleオーナーライブラリーのおすすめ本

対象本の一部しか確認できないというよくわからないサービスだが、おすすめの本はある。

1冊ずつ紹介していこう。

 

「夢をかなえるゾウ」

日本を代表する自己啓発本。

仕事に関する悩みがある君にはぴったりで、ぜひ一度は読んでみてほしい。

ストーリー形式で笑いながら読めるのがすばらしい。

 

「7つの習慣」

一方で、世界を代表する自己啓発本といえばこの本だ。

この本に書いてあることをしっかりマスターすれば、もう他の自己啓発本は読まなくていいと言われている。

なぜなら、他の自己啓発本はこの本の焼き直しだと言われているからだ。ぜひ手に取ってみよう。

 

「『原因』と『結果』の法則」

1世紀以上読まれ続けている、自己啓発本の元祖と呼ばれる本だ。

自分の内面が、外側に現実として現れるという普遍の真理を説いている。

一度は読むべき価値のある本だから、ぜひ読んでみよう。

 

「お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!」

サラリーマンをやっていると、人間関係が仕事の質に直結する。

つまり、良い人間関係が築けていれば、仕事もが圧倒的に楽しくなるのだ。

この本には良い人間関係を築き、人たらしになる方法が書いてあるぞ。本質的ですばらしい。

 

「サラリーマン金太郎」(30冊全巻)

実はマンガも対象本に入っている。

その中でもおすすめなのはこの作品。なんと全30巻が全て無料で読めるぞ。

サラリーマンなら絶対に読むべし。

 

Kindleオーナーライブラリーの使い方!実際にダウンロードする方法

ここからは、実際に無料で本をダウンロードする方法を解説しよう。

残念ながら、オーナーライブラリーでどうすれば無料で本が読めるかは非常に分かりづらい。

画像付きで説明していくぞ。

 

まずキンドル端末からでは、対象本が分からないので、PCかスマホで以下のリンクを開けよう。

この対象本の中で読みたいと思う本のタイトルを覚えておいてほしい。

 

そして、今度はKindle端末でストアを開こう。

 

ストアを開いたら、先程の読みたい本のタイトルを検索しよう。

 

本の購入ボタンの横に「無料で読む」があって、下に「Kindleライブラリー」があるはずだ。

「無料で読む」をクリックすると、無料でダウンロードされる。

 

これで完了だ。あとは好きな本を読んでほしい。

Kindle端末から直接対象本をチェックできないのは、煩わしい。

 

注意:Kindleオーナーライブラリーは「プライム会員+KindleかFire端末保有者」でないと使えない

ここで注意事項をお伝えしよう。

Kindle端末を持っていれば、Kindleオーナーライブラリーが無料で使えると認識しているかもしれないが、実は間違っている。

正確には、Kindle端末を持っているだけでなく、Amazonのプライム会員でないと使うことができないのだ。

Kindle端末はFireタブレットを持っているのでもOKだが、プライム会員に入らないとこれは使えない。

 

 

プライム会員なら、Prime Readingの方が圧倒的におすすめ

「じゃあ、プライム会員にならなくていいや」と思うかもしれないが、プライム会員になることをおすすめする。

映画やドラマが見放題、音楽が聴き放題になるということもあるが、本に絞っても非常にありがたい特典があるのだ。

それが、2017年秋から始まったPrime Reading(プライムリーディング)という読み放題サービスだ。

▶Amazon-Prime Reading

 

毎月1冊だけ無料だった、Kindleオーナーライブラリーとは違い、1000冊近い本が読み放題になるのだ。

先程、「キンドルオーナーライブラリーは近いうちに終了されるだろう」 と俺が言ったのはこのサービスが出てきたからだ。

同じプライム会員なら、Prime Readingを使った方が圧倒的に得なのだ。

 

詳しくは以下の記事で解説していこう。

〜もう仕事ができなくて悩む日々は終わりにしよう〜